パイロットのサングラスについて質問です。

こんにちは!
少し本題には沿わない内容であるかもしれないですが真剣に相談させて頂きたいので質問します。
パイロットが使用するサングラスは偏光グラスだと計器が見にくくなる可能性があると聞きました。
実際のパイロットは偏光ではないサングラスを使っているのでしょうか?
またパイロットの皆さんはどんなサングラスを好んで使っているのでしょうか?
By Takaさん
回答
Takaさん、ご質問ありがとうございます。
もちろん、どんな質問でも大歓迎です。これくらいの質問も気楽でいいもんです。
パイロットの使うサングラスについて。
その通り、パイロットがかけるサングラスは偏光グラスではいけません。僕も確か訓練中に偏光グラスはダメだよと誰かに言われた気がします。
その理由ですが、普通のサングラスは着色によって通す光の量を調節していますが、偏光グラスはグラスにスリットを入れることによって、ある方向からの光しか通さなくなります。
従って、水面からの照り返しなど、自然光が乱反射してくる光を通さないためのサングラスだそうです。実は今調べました。なるほどなーとか思いましたが、パイロットは雲の上を飛ぶことが多いため、自然光そのものを軽減してくれるサングラスでないと意味がない。
だから偏光グラスはダメだということみたいですね。
僕が訓練時代は偏光グラスだと、ヘリコプターのプロペラとかが見えなくて危ないからだと聞いていましたが(ヘリは本当に見にくいです)、どうやら違っていたようです。(もしかしたらそんなこともあるのかもしれませんが)
またパイロットが好むサングラスですが、僕が1番初めに買ったサングラスはRAYBANという会社の、TEARDROPタイプのサングラスです。
トップガンでトムクルーズが着けているようなサングラスです。
我々だけだったのかもしれませんが、当時はレンズが大きい方が計器を見やすいこともあり、ティアドロップタイプが好ましいと言われてきました。
ご存知の通り、コックピットは目の前に計器がたくさんあり、フレームが小さいものだといちいち首を動かして計器を見なければなりません。
そんなちょっとのことで…と思うかもしれませんが、フライト中ずっとこれを続けなければならないことを考えると、レンズはデカイに越したことはない、と聞かされてきましたが、ラインで飛んでいるパイロットがみんなティアドロップかというとそんなことはありませんでしたね。
回答は以上です。
最後に僕からのサングラス選びのアドバイスですが、ティアドロップタイプはなかなか日本人には似合わないと思います。
僕なんか『昆虫みたい』と言われたことがあって、つけるのが嫌になってしまいました。
たくさん試着してみて、自分に似合うものを見つけて下さい。